EPISODE エピソード

SCORPION スコーピオン

#01 再会 #01 再会

コンピュータープログラムの欠陥から、ロサンゼルス上空を飛行中のすべての旅客機が危機にさらされる。
コードを修正し、大惨事を防げるのはチーム・スコーピオンだけだ。

#02 バイオハッカー #02 バイオハッカー

スコーピオンは、州知事の娘を致死的な病に感染させたバイオハッカーを突き止めなければならない。

#03 連続爆破の真相 #03 連続爆破の真相

スコーピオンが法律事務所の爆破事件を調べていくと、政府の最高レベルにまで及ぶある陰謀が明らかになる。

#04 仕掛けられた罠 #04 仕掛けられた罠

民間からラスベガスの仕事を受けたスコーピオン。ところがウォルターがカジノ強盗の容疑者にされてしまい、残りのメンバーで彼の無実を証明しなくてはならなくなる。

#05 過去との決別 #05 過去との決別

廃炉となった原子炉がメルトダウンを起こしかけている。
大惨事を防ぐには、厄介な元メンバーの力を借りてスコーピオンがやるしかない。

#06 名画の行方 #06 名画の行方

名画を取り戻すミッションが散々だったスコーピオン。彼らの運命は政府の心理分析官による心理鑑定にかかっている。

#07 父の記憶 #07 父の記憶

天才ハッカーが刑務所から脱走。スコーピオンはそれが単なる脱獄事件にとどまらない、はるかに大きな事件であることを突き止める。

#08 リスキービジネス #08 リスキービジネス

スコーピオンはヒットするポップミュージックを作成するソフトを発見。そして、音楽業界はヒット曲のためなら何でもすることを知る。クリフ・"メソッド・マン"・スミス、スコット・メスカディがゲスト出演。

#09 愛しき人 #09 愛しき人

ケイブの元妻が非常に危険な政治的陰謀に巻き込まれ、スコーピオンは彼女の保護を任される。

#10 思い出の箱 #10 思い出の箱

スコーピオンは、ボスニアに墜落した軍機から極秘の軍事技術を回収する任務を行うことに。しかしそこは敵の戦線だった。

#11 仲間のいる場所 #11 仲間のいる場所

残忍な強盗事件を調査していたシルヴェスターが重傷を負った。犯人を捕らえて仲間の恨みを晴らすために、スコーピオンのしつような捜索が始まる。

#12 クリスマスの奇跡 #12 クリスマスの奇跡

海岸の岩が崩落し、陥没して出来た穴に少年が閉じ込められた。水が上がってきて、手遅れになる前に救出しようとスコーピオンは作業を急ぐ。

#13 危険なゲーム #13 危険なゲーム

政府の機密情報がオンラインゲームを通じて流出していた。これ以上人命を危険にさらす前に、スコーピオンはゲームの設計者を確保しなければならない。

#14 恋に落ちたスパイ #14 恋に落ちたスパイ

国際テロリストを捕らえるため、人づき合いが苦手な天才チームが、これまでで最も難しい任務に挑む。それは恋愛だ。

#15 忘れな草 #15 忘れな草

核による大量殺りくから世界を救うために、スコーピオンは脳にダメージを受けた大統領護衛官の記憶を取り戻さなければならない。デヴィッド・ジェームズ・エリオットがゲスト出演。

#16 ラブ・ボート #16 ラブ・ボート

冷酷な武器密売人が豪華客船を使って、試験用のロケット弾を持ち出そうとしていた。スコーピオンは上流社会に潜り込み、おとり捜査を行う。

#17 国境を越えて #17 国境を越えて

ハイテクに精通した残酷な麻薬カルテルに誘拐されたジャーナリストを救出するため、スコーピオンはメキシコへと向かう。

#18 毒と平和 #18 毒と平和

東欧で続く長期紛争が、世界規模の戦争へと発展しそうだ。国家間に和平をもたらすことが出来るのはスコーピオンしかいない。

#19 恋は火のごとく #19 恋は火のごとく

スコーピオンは道に迷ったハイカーの救出に向かうが、彼らの乗ったヘリコプターが墜落し、大規模な山火事が発生。任務は自然との闘いに変わる。

#20 岐路 #20 岐路

スコーピオンは連邦保安局を補佐し、ある冷酷な密売組織にとって不利な重要証人を護衛していたが、麻薬戦争に巻き込まれてしまう。

#21 二度目の裏切り #21  二度目の裏切り

復讐に燃えるハッカーが政府研究所内のラボに毒ガスを放出。中に閉じ込められた研究者を救うため、スコーピオンは長いあいだ葬られていた秘密に向き合わねばならない。

#22 崖っぷちのメッセージ #22 崖っぷちのメッセージ

大破し、崖に引っかかっている車からウォルターを救い出そうとするスコーピオン。実はその時、チームの先行きも同じように不安定な状態にあった。

#01 帰ってきたスコーピオン #01 帰ってきたスコーピオン

原子力衛星が軌道を外れ、このままでは南カリフォルニアに落下するという。この事態を回避するため、国土安全保障省の新長官はスコーピオンを再集結させる。

#02 勇気の勲章 #02 勇気の勲章

ケイブは昔出会った美しい女性から相談を受ける。スコーピオンが任された任務は、キューバにいる残忍な戦犯を裁判にかけるため、身柄を確保することだ。

#03 決死の脱獄作戦 #03 決死の脱獄作戦

おとり捜査で連邦刑務所に潜入したシルヴェスターに危険が迫る。彼を救出するため、スコーピオンは大胆な脱獄計画を立てる。

#04 もうひとつの変数 #04 もうひとつの変数

ウォルターたちが乗り込んだ極秘扱いの潜水艦で爆発が発生。艦が海底に沈んでしまい、任務は命懸けになる。

#05 スーパー・ヒーローズ #05 スーパー・ヒーローズ

核ミサイルがテロリストに売却されるのを阻止するため、スコーピオンはあるメジャーな映画の撮影現場に潜入する。

#06 タワー・オブ・パニック #06 タワー・オブ・パニック

ウォルターのパソコンが致命的なウイルスに感染し、スコーピオンは火災が発生した“ハイテク”ビルに閉じ込められてしまう。

#07 暴走列車 #07 暴走列車

ペイジとラルフが乗った地下鉄が暴走した。何とかしてスコーピオンは列車を終点までに減速させなければならない。

#08 エリア51 #08 エリア51

極秘扱いの航空機をエリア51から回収する仕事を依頼され、スコーピオンは“接近遭遇”を覚悟する。

#09 スパイは二度死ぬ #09 スパイは二度死ぬ

スコーピオンはこれまでで最も危険な任務を引き受けるよう脅される。国連への侵入だ。

#10 別れのメッセージ #10 別れのメッセージ

スコーピオンが入院中のメーガンを見舞っている間に、病院で猛毒のカビが大発生。感染した恐れがあるため、チームは院内に隔離されてしまう。

#11 二度目のカレッジ・ライフ #11 二度目のカレッジ・ライフ

ある大学に潜む危険なハッカーを見つけ出すため、スコーピオンのメンバーは大学へ潜入することに。

#12 イブの夜は灯りを消して #12 イブの夜は灯りを消して

今にも決壊しそうなダム。大災害から町を救えるのは、スコーピオンだけだ。

#13 ホワイトアウト #13 ホワイトアウト

特殊部隊が敵襲を受け、身動きできなくなった。スコーピオンは救出用ドローンをコントロールする人工衛星を修復するため南極へ。

#14 幻の兵器を追え #14 幻の兵器を追え

第二次世界大戦時代の大量破壊兵器が、残虐な独裁者の手に渡ってしまった。使用を阻止するため、スコーピオンは北アフリカへと向かう。

#15 デートの代償 #15 デートの代償

胸に爆弾を取り付けられた女性が、スコーピオンの元にやって来る。彼女は「NASAのロケット打ち上げを妨害しなければその女を殺す」という、謎のテロリストの恐ろしい要求を携えていた。

#16 ダウンタウンを救え #16 ダウンタウンを救え

大地震で市のガス管に異常が発生した。壊滅的なガス爆発を阻止するために、スコーピオンは急がなければならない。

#17 戦闘ドローンを撃墜せよ #17 戦闘ドローンを撃墜せよ

麻薬カルテルが密輸にドローンを使い始めた。スコーピオンはそのハイテクを利用した計画を阻むよう依頼される。

#18 友情と裏切り #18 友情と裏切り

ケイブの幼なじみの訪問がきっかけで、南アメリカへの生物兵器の輸出を食い止めるためにスコーピオンはカーレースを行うことになる。

#19 命のタイムリミット #19 命のタイムリミット

市内の輸血用血液が汚染されていた。心臓移植を待つ少女を救うには、数時間以内で解決策を見つけなければならない。

#20 いにしえの器を奪え! #20 いにしえの器を奪え!

アフリカで極秘任務を行っていたケイブが捕らえられた。スコーピオンは独自で救出作戦を計画する。

#21 ベトナムの旋風 #21  ベトナムの旋風

スコーピオンは、ベトナムで戦死した兵士の遺体を回収する任務についていた。しかし強烈な竜巻の進路上で身動きが取れなくなり、自然を相手に闘うことになる。

#22 国宝を略奪せよ #22 国宝を略奪せよ

スコーピオンはフォートノックス軍用地の“警備テスト”を任されて、施設に侵入する。しかし金庫室で衝撃的な発見をしてしまう。

#23 ゴーストタウンを救え #22 ゴーストタウンを救え

老朽化した原子炉が今にも崩れそうだという。差し迫る環境汚染を防ぐため、スコーピオンはウクライナに飛ぶ。

#24 去る者と追う者 #22 去る者と追う者

トビーの命が危ない。精神的に不安定な元スコーピオンのメンバーに拉致され、人質となってしまったのだ。

ページTOPへ