アジー1000mg

 

 

 

アジー解説【クスリロイヤル 通販】

アジーの有効成分であるアジスロマイシンは、痛み、腫れ、赤み、発熱などの症状や異常なおりものの改善に非常に効果的な抗生物質です。アジーは即効性が確認されていますので、これをさらに少ない回数、1回2錠、約1週間服用する必要があるという点が重要です。アジーはジスロマックと同等の効果があり10日間その効き目が持続します。

一般名アジスロマイシンは、新しいジャンルの抗生物質であるマクロライド系で、ウィルスや真菌などが原因となる症状の治療に使用できます。これらの原因となる生物はそれぞれ細菌であるため、先発医薬品であるジスロマックのジェネリック版となります。ブランハメラ、カタラーリス、ヘモフィラス・インフルエンザ、レジオネラ、ニューモフィラ、ペプレボテラ、マイコプラズマなどは、いずれもアジスロマイシンに感受性があります。クラミジアによる性器の炎症、クラミジア以外の性感染症は気づかないケースが多いので、主治医や専門医に相談してください。

アジーは、クラミジア、淋病、梅毒などで悩んでいる方に大人気で、1週間程度の短期間でも完治します。問題の細菌を殺す抗生物質よりも安価です。また、性交渉やかゆみがある場合のクラミジアの治療にも使用できます。アジスロマイシンはマクロライド系の抗生物質にアレルギーがあるため、アジーの有効成分アジスロマイシンは細菌による感染症に対して強い抗菌力を発揮します。一方、β-ラクタム系抗生物質は、細菌による性感染症や耳鼻咽喉科領域に用いられます。性感染症やクラミジア感染症の治療に使用され、性感染症と同様に抗炎症作用があります。菌に取り込まれやすい性質があるため、クラミジア治療の効果が90.7%に低下することがあります。

アジーは、ジスロマックのジェネリック医薬品であり、より安価に購入することができます。また、服用回数を少なくすることができ、薬自体の価格を低く抑えることができるため、飲み忘れの原因にもなります。ただし、他の薬にも使用されているため、医師の指示に基づき、状況に応じた適切な量を服用する必要があります。性行為について アジスロマイシンは様々な感染症に使用され、皮膚感染症は多岐にわたります。ジスロマックとそのジェネリックは、バクテリアの成長と増殖を抑制します。万が一、発熱やかゆみ、体のだるさなど、幅広い用途に使用されていない場合は、症状の改善が認められている通常の抗生物質として有用なお薬となります。感染症にはアジーを服用するべきですが、クラミジア治療のためには一度に2000mgと1000mgの錠剤がある点に注意しましょう。