アルダラクリーム5% 12袋

 

 

 

ベセルナクリームジェネリック5%(イミクアッド)3袋

 

 

 

 

 

アルダラクリーム解説【通販オーチス】

アルダラクリームは、日本で「ベゼナクリーム」として製造されている製品の海外向けジェネリック医薬品で、尖圭コンジローマや日光角化症の治療に用いられます。アルダラクリームは体の免疫力を高め、再発しにくくする効果があります。主成分がイミキモドであるベセルナクリームと同じ成分が含まれており、発症までに間隔がある60歳以上の人にはまだ抵抗があります。

アルダラクリームの主成分であるイミキモドは、60歳以上で発症までの間隔が空いている人にはまだ耐性があります。アルダラクリームは、日光(紫外線)を浴び続けることで発生する角化症の治療薬で、活性化するように開発された細胞を治療するための非常に高価な医療製品です。

自覚症状のないまま尖圭コンジローマに感染しても、アルダラクリームを塗り続けていればすぐに治る病気ですし、放置していれば気づかないこともあります。アルダラクリームを塗っていると、その日のうちに治ってしまうこともあります。アルダラクリームの有効成分であるイミキモドは、ベセルナクリームでおなじみの成分です。尖圭コンジローマの適応で米国食品医薬品局(FDA)に承認されていますが、ウイルスに感染を広げた細胞を取り除いた部分が赤く腫れあがり、塗布してもウイルスが完全に除去されないと、がんなどにつながる可能性があります。また、尖圭コンジローマに感染している可能性もあります。

日本の病院では治療に1週間ほどかかる化合物です。自覚症状はなく、潜伏期間が長いため、性感染症であり、表面が少しカサカサになり、再発防止が期待できますが、2007年には日光角化症の適応を取得します。再発防止のためには、医療機関との連携が必要です。

尖圭コンジローマは重症化すると複数のイボが発生することがあり、アルダラクリームでの治療が有効であったとしても、かゆみや痛みを伴うこともあります。日光にさらされたケラチノサイトのDNA損傷の増加による皮膚感染症が第一の防御策です。特に何年も紫外線ダメージが蓄積された後は、速やかに治療を開始する必要があります。日光角化症は厄介でしつこい病気で、ベセルナクリームが一般的に処方されている臨床試験では完全には治っておらず、自然免疫や細胞の再生を促すことはあっても、再発の可能性は約25%と非常に大きいのです。