クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

 

 

クロミッド解説【通販 エージェント】

クロミッドは、クロミフェンを有効成分とする排卵誘発剤です。女性の避妊治療に使われるのが一般的ですが、アナボリックスステロイド(筋肉増強)による男性機能の低下を急激に改善するためにも使われます。個人輸入で購入される方は後者が多いです。

病院で100mgのクロミフェンを処方されても一定期間は妊娠しないことから、妊娠しやすい体質を誘導します。クロミッドのジェネリック医薬品です。5日間服用するお薬として有名ですが、卵巣が腫れて痛くなることもありますが、脳が男性ホルモンと判断してしまい、生理不順が続くこともあります。

クロメンは、ホルモンが半分になるので、体内でホルモンが正常に発生しない人に人気のある薬です。体への負担が少ないというメリットもあるようです。排卵障害を大まかに知ることができます。通常、一定期間後に自然に男性ホルモンの分泌量を増やすことが期待でき、効果がない場合は最大100mgまで服用することができます。男性不妊の原因の一つに、精子のエネルギー不足や成長不足がありますので、排卵障害の治療に適しています。さらに、排卵や卵胞の成長、排卵の促進にも用いることができます。排卵障害の女性にとっては、口コミやブログ、2chなどで話題になっています。

排卵誘発剤を使用すると、排卵誘発剤の有効成分の量が減ってしまうという副作用があります。生理はあっても排卵しないということがあります。また、FSHは男女ともに生殖細胞の成熟を促す薬を使用するため、費用がかからない治療法です。クロミッドは、排卵誘発剤のジェネリック医薬品です。有効成分のクロミフェンが配合されています。また、排卵を引き起こす脳の視床下部から分泌される卵胞刺激ホルモンの量を減少させるために、クロミッドを使用することも可能です。

脳の視床下部は、排卵を誘発する卵胞刺激ホルモンの分泌量を少なくします。排卵誘発剤は、性腺刺激ホルモンの分泌を促し、排卵を誘発します。これを性腺刺激ホルモン(FSH)といいます。性腺刺激ホルモンが十分に分泌されている排卵誘発剤の用量を半分の50mgに調整した場合、排卵誘発剤と比較されます。クロミッドは、以前はクロミフェン製剤を使用していた排卵誘発剤で、卵胞を大きく育てるために関係するホルモンを増やす働きがあります。

クロミッド・ジェネリック1箱50錠と同じクロミフェンクエン酸塩が利用されています。エストロゲンが少ない場合、卵胞を大きく育てるのに役立ちます。排卵誘発剤は、脳下垂体で卵胞刺激ホルモン(LH)を放出し、エストロゲンに拮抗して卵胞刺激ホルモンの分泌を促進する役割があります。卵胞刺激ホルモンが不足することもありますが、卵巣が刺激されれば、通常、こちらのクロミッドの有効成分であるテストステロンの産生を促し、妊娠しない方や子宮内膜症、骨盤 子宮内膜症、腹膜炎などで不妊治療を開始する場合には、50mgに調整して使用することができます。排卵誘発剤は安定しています。日本ではエストロゲン拮抗薬で排卵を誘発します。クロメンは、無排卵周期の人や、排卵日が毎月バラバラで不安定な人が服用する排卵誘発剤(排卵誘発の効果も失われない排卵誘発剤)です。