ロザチン5mg(クレストール)

ロザリップ5mg(クレストール)

 

 

 

 

 

クレストール解説【くすりロイヤル 通販】

服用することで悪玉コレステロール(HDL-C)を減少させるクレストールは、高コレステロール血症と呼ばれる状態も改善することから、様々な血管系疾患などのリスクを示すカテゴリーの製品です。また、高コレステロール血症に伴う合併症を予防する効果も期待できます。

この薬で血液中のコレステロールの検査値を効率的に下げたり、分けたりする有効成分ロスバスタチンが日本で承認されています。クレストールは、使用前に十分に血中コレステロール値を下げることで、コレステロールの生合成である血中脂質を強力に低下させながら、十分に行うことで、高コレステロール血症の方にクレストール20mgを使用した場合、心筋梗塞のリスクを低減することができます。つまり、心筋梗塞のリスクを減らすことができるのです。

クレストールは、LDL-Cの低下など動脈硬化の治療の第一選択薬です)。) 家族性の高コレステロール血症では、クレストール20mgを服用する場合でも、クレストールの半分の量を使用する(2.5mgから開始し、少量ずつ服用する)ことを考慮すると、動脈硬化の進行につながることが報告されています。加えて、動脈硬化のリスクを高めることも報告されています。日本では、クレストールはアストラゼネカ社が製造・販売しており、中性脂肪を低下させることが知られています。特に、腎機能に関して異常をきたしている脂質異常症のコントロールに優れており、高脂血症の治療法としては一線を画しています。効き目が強いので、治療に有効です。

血液中の過剰なコレステロール(LDL-C)の主な原因は肝臓にあります。クレストールと同量の有効成分を5mgの高用量で含有し、肝臓の機能を強化するロスバスタチンの作用を阻害して発揮されるクレストールを日本人が継続して服用すると、コレステロールと結合したタンパク質(LDL-C)の量が肝臓に移行して減少します。なお、1日の最大投与量は20mgです。なお、1日の最大投与量は20mgです。血液中に供給される薬剤をLDL-CоA還元酵素阻害剤といいます。クレストールなどのスタチン系薬剤が有効です。これは、血管に供給される善玉コレステロールの量を増やす薬です。クレストールには大きく分けて、通常量で十分に症状を改善するロスバスタチンと、二次ロスバスタチンがあります。二次ロスバスタチンは、まれですが、筋肉が壊死して筋肉細胞の成分が腎臓に過負荷をかけ、腎不全などのリスクを高める横紋筋融解症を引き起こすことがあります。