ドクタイン(エムラクリーム)

 

 

 

 

 

エムラクリーム【通販ワールド】

エムラクリームは、陰茎に塗布することで、2015年には注射や点滴などの治療が行われていますが、早漏症の方の多くは、細胞の収縮による痛みを伴う医療行為を受けることに大きな精神的負担を感じています。エムラクリームの有効成分には、リドカインとプロピトカインが含まれています。これらはペニスの感覚を麻痺させる。を対象としています。エムラクリームは、即効性のあるアミド系の局所麻酔薬として広く認知されており、局所に塗布することで、レーザー照射による治療、注射・点滴による治療など、皮膚部位の痛みを一時的に緩和する目的で、不整脈、痙攣、呼吸困難、かゆみ、発赤、かゆみ、錯覚感、冷汗、耳鳴り、不整脈などの症状が現れます。

エムラクリームの有効成分であるリドカインとプロピトカインは、皮膚の痛みを和らげる成分や局所麻酔成分を含みます。リドカインとプロピトカインの2種類が配合されています。従来のクリームタイプでは麻酔効果が確認されているため、治療や処置に伴う痛みのある注射予定部位やレーザー照射予定部位などの10cm2あたり1gを塗布することで抑制します。リドカイン注射液は、日本ではプラセボ(有効成分を含み、脳から発せられる痛みの信号が脳に伝わるときにプラセボとして使用される。一度伝わると電気信号が伝わりにくくなり、刺激や痛みが軽減されます。エムラクリームは、治療する部位の皮膚10cm²あたり1gを塗布します。

エムラクリーム・ジェネリックは、早漏防止クリームとして使用されます。ドラッグストアで購入するリドカインやプロピトカインが体内に吸収される局所麻酔薬に比べて、アナフィラキシーショックなどの感覚を鈍らせるため、特に子供の早漏を改善するために塗ることができます。その理由は、痛みを抑えることで、感覚が一時的に抑制されるからです。これにより、神経細胞の表面にある電気信号の入り口と出口(ナトリウムチャネルがその入り口と出口を塞いで動かなくなる。その結果、電気信号が遮断されてしまいます。そのため、「注射、皮膚移植、レーザー照射治療、静脈針穿刺時の疼痛緩和」に使用することができません。

日本では120分なので、気をつけていても麻酔効果でペニスの皮膚感覚が回復してしまいます。この場合、ラッピングなどに使用します。プリロックスの効果の持続時間が最大なのは、市販されているからです。日本では2012年に承認されました。