エナラプリル5mg(エナカルド錠ジェネリック)

 

 

 

 

 

エナカルド解説【通販エージェント】

エナカルドは血管拡張剤で、ペットの血行動態を改善すると同時に、ペットの心筋への負担やダメージを軽減する効果のあるアンジオテンシンIIを生成します。また、咳や息切れ、運動や食事にも注意を払わなければなりません。中でもエナカルドマレイン酸塩塩酸塩は、血管を拡張して腎臓を保護する効果があるとされており、心不全のペットの血行動態を改善する心不全治療薬として世界中で広く使われています。血圧に作用する薬です。エナカルドがこのACEを阻害すると、体は代償的に作用するホルモンや成分を減らすように働きます。

エナカルドは循環不全や心臓の負担を軽減します。心機能の低下などの症状を緩和します。その結果、心筋収縮力の低下などは使用をお勧めします。また、「エナカルド ミレニアム酸」という成分も含まれています。エナカルドは、通常の錠剤よりも飲みやすい形で投与され、成分量や効果は同じです。血管拡張作用があり、心臓病の場合でも大丈夫です。投与量を間違えると、命に関わる副作用が出ることもあります。

エナカルドは、血液循環に悪影響を及ぼす生理活性物質の産生を抑制し、腎臓の輸出動脈を拡張することで心臓保護作用を発揮し、犬の僧帽弁閉鎖不全症による慢性心不全を改善します。アルドステロンの分泌を減少させることで利尿作用がありますので、お勧めです。ということで、エナカルドは、低血圧の犬や猫の高血圧や心不全の治療薬として使われるACE阻害剤です。心臓にかかる血液の一部の負担を軽減する働きがあります。エナカルドは、循環器系に作用する薬です。血管を拡張し、心臓への血流を減少させます。エナカルドは、ペットの「高血圧や僧帽弁」と呼ばれる酵素が増加し、心臓の機能が低下して血管や心臓が停止し、犬や猫の循環血液量が増加する血液循環に作用します。

エナカルドで血管を弛緩させる血管拡張作用を有するアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害剤に分類されます。犬や猫を心不全や高血圧から守るために必要な飲み薬と呼ばれる物質の分泌を減少させます。エナカルドは、犬が食べやすいようにすることで、心臓のリモデリングを阻害し、正常な血液循環を悪化させます。うっ血性心不全とは、本来、全身に流れるべき血液が逆流してしまうことです。犬の心不全治療のために開発された世界初の薬剤です。